地域の転職情報 | 2018.04.24 Tue

仙台・宮城の企業ランキング|「売上高」と「年収」の2軸で紹介

この記事を書いた人

コンサルタント

山上 公平

インターネット求人広告会社で、中途採用支援や医療系の人材紹介事業に従事。人材紹介業の経験を活かし、転職支援会社へ入社する。転職希望者と共に悩み、共に考えるサポートを心がけている。趣味はゴルフと農作業。

転職コンサルタントについて詳しく知る

仙台・宮城で転職するなら絶対申し込もう!

仙台・宮城に強い転職エージェントに
転職支援を申し込む
「そろそろ転職したい…」という方はまず情報収集から!
転職に役立つノウハウ&最新の求人情報を配信中!

東北地方の中で最も人口が多い宮城県には、大小さまざまな企業が存在します。

その中には、年間数百億円以上もの売上高を出している優良企業が少なくありません。

売上高だけで優良企業かどうかは決まるものではありませんが、1つの指標であることは確かです。

今回は、宮城県の企業の売上高ランキングとともに、宮城県の労働環境を紹介します。宮城県で転職を考えている人は企業選びの参考にしてみてください。

1.売上高で見る宮城県の売上高企業ランキングTOP10

仙台、宮城県の企業別の売上高をランキング形式で紹介します。

1位:東北電力(売上高約1兆9,450億円)

東北電力は、東北6県と新潟県に電気を供給する電力会社として昭和26年に設立されました。

電気事業の一環として、平成28年4月1日からは関東6県と山梨県などの一般家庭向け電力の販売も行っています。

本社の所在地:仙台市青葉区
業種:電気・ガス
平均年齢:42.7歳
従業員数:12,748人

2位:カメイ(売上高約4,234億円)

カメイは、エネルギー事業や食糧事業に留まらず、住宅関連事業や自動車関連事業など、幅広くビジネスを展開している企業です。

本社の所在地:仙台市青葉区
業種:卸売業
平均年齢:40.7歳
従業員数:1,848人

3位:ユアテック(売上高約2260億円)

ユアテックは東北電力を親会社とする東北電力グループの1つで、昭和19年に設立された企業です。

電気設備工事業や総合設備工事のほか、情報通信工事や土木建築工事、新エネルギーなどに関する事業を行っています。

本社の所在地:仙台市宮城野区
業種:建設業
平均年齢:42.0歳
従業員数:3,820人

4位:やまや(売上高約1673億円)

やまやはイオン系列であり、東北地方を地盤とする酒類専門店ですが、関東・関西地方にも多くの店舗を展開しています。

2013年には居酒屋チムニーを子会社化し、レストランバー業態を開発するなどして外食業にも注力しています。

本社所在地:仙台市宮城野区
業種:小売業
平均年齢:32.4歳
従業員数:778人

5位:高速(売上高約786億円)

高速は東北地方を中心に、グループ企業を含め全国に80カ所以上の事業所を有する企業です。

食品軽包装資材の販売のほか、包装機械や設備の販売なども行っています。

本社の所在地:仙台市宮城野区
業種:卸売業
平均年齢:386歳
従業員数:438人

6位:サトー商会(売上高485億円)

サトー商会は東北・北関東を地盤に量販店やレストラン、給食向け業務用食材卸を展開しています。

近年は調理簡素化商品の拡充に力を注いでいる企業で、業務用食材も取り扱っています。

本社所在地:仙台市宮城野区
業種:卸売業
平均年齢:40.5歳
従業員数:734人

7位:東邦アセチレン(売上高約376億円)

東邦アセチレンは、溶接切断用ガス製造を主な事業としています。

また、産業用・家庭用LPGや器具器材も販売しています。自動車機器関連も取り扱っているところが特徴です。

本社所在地:多賀城市栄
業種:化学
平均年齢:41.9歳
従業員数:114人

8位:TTK(売上高約332億円)

TTKは、東北の三洋工業株式会社や東華電建株式会社などの6社が合併して設立されました。

主な事業は、通信設備や電気設備の設計や施工、メンテナンス、コンサルティング、太陽光システム・情報通信関連商品の販売や施工などです。

本社の所在地:仙台市若林区
業種:建設業
平均年齢:43.7歳
従業員数:614人

9位:東北特殊鋼(売上高約187億円)

東北特殊鋼は各種特殊鋼鋼材の製造や加工、販売のほか、不動産賃貸事業なども行っています。

また、東北大学工学部や金属材料研究所などと連携し、産学共同で高性能な新素材の開発などに積極的に取り組んでいる企業です。

本社の所在地:仙台市太白区
業種:鉄鋼
平均年齢:38歳
従業員数:267人

10位:センコン物流(売上高約146億円)

センコン物流は名取と仙台の2本社制で、米殻、精密機器、農機などを取り扱っている企業です。

その中でも倉庫の販売は柱であり、金融機関を対象に情報管理サービス専用倉庫を販売しています。

本社所在地:名取市下余田
業種:陸運業
平均年齢:43.4歳
従業員数:279人

 

【関連記事】

2.宮城県の高年収企業ランキングTOP5

1位 じもとホールディングス(平均年収:約946万円)

「きらやか銀行」と「仙台銀行」の経営統合によって平成22年に設立され、平成24年には東京証券取引所市場第一部に上場した地方銀行です。

銀行業務を中心に、経営管理業務やリース業などを行っています。

従業員はトップを務める2名だけなので、平均年収が高くなっています。

  • 本社の所在地:仙台市青葉区
  • 業種:金融業
  • 平均年齢:53.4歳
  • 従業員数:2人

参考:「じもとホールディングスHP」https://www.jimoto-hd.co.jp/ir/library/securities/

>>転職サイトには掲載されていない金融関連の求人を探す

2位 東北電力(約736万円)

東北電力は、東北6県と新潟県に電気を供給する電力会社として昭和26年に設立されました。

電気事業の一環として、平成28年4月1日からは関東6県と山梨県などの一般家庭向け電力の販売も行っています。

  • 本社の所在地:仙台市青葉区
  • 業種:電気・ガス
  • 平均年齢:42.7歳
  • 従業員数:12,748人

参考:「東北電力 HP」http://www.tohoku-epco.co.jp/ir/report/security/index.html

>>転職サイトには掲載されていない電力・ガス・水道の求人を探す

3位 七十七銀行(約716万円)

七十七銀行は、明治11年に設立された第七十七国立銀行を前身に誕生した銀行です。

昭和7年に七十七銀行と東北実業銀行、五条銀行が合併し、現在の七十七銀行になりました。

主な事業は銀行業務ですが、リース業や信用保証業務、クレジットカード業務などを行っています。

  • 本社の所在地:仙台市青葉区
  • 業種:金融業
  • 平均年齢:38.3歳
  • 従業員数:2,802人

参考:「七十七銀行 HP」https://www.77bank.co.jp/77bank/ir/yukasyoken.html

>>転職サイトには掲載されていない金融関連の求人を探す

4位 ユアテック(約694万円)

東北電力を親会社とする東北電力グループの1つで、昭和19年に設立された企業です。

電気設備工事業や総合設備工事のほか、情報通信工事や土木建築工事、新エネルギーなどに関する事業を行っています。

  • 本社の所在地:仙台市宮城野区
  • 業種:建設業
  • 平均年齢:42.0歳
  • 従業員数:3,820人

参考:「ユアテック HP」http://www.yurtec.co.jp/ir/g_01.html

>>転職サイトには掲載されていない電力・ガス・水道の求人を探す

5位 フィデアホールディングス(約596万円)

「荘内銀行」と「北都銀行」が平成21年に設立した企業で、2つの銀行はフィデアホールディングスの完全子会社となっています。

事業の中心は銀行業務ですが、ほかに証券業務やクレジットカード業務などの金融サービスに関連した事業も行っています。

  • 本社の所在地:仙台市青葉区
  • 業種:金融業
  • 平均年齢:49.4歳
  • 従業員数:56人

参考:「フィデアホールディングス HP」http://www.fidea.co.jp/investor/#block02

>>転職サイトには掲載されていない金融関連の求人を探す

 

続きはコチラから


3.宮城県の企業力を徹底解説!

東北地方最大の人口を誇る宮城県ですが、実際に働きやすい環境といえるのでしょうか。

さまざまなデータから、宮城県の経済状況や産業構造を調査しました。

経済成長率・県民所得は4年連続上昇

平成26年度県民経済計算によると、宮城県の実質経済成長率は2.5%、名目経済成長率は4.1%で平成23年から4年連続でプラス成長を遂げています。

同年の全国平均は実質経済成長率-0.3%、名目経済成長率1.3%であり、宮城県の実質成長率は全国でもトップです。

現在、最も経済の勢いがある県といえるでしょう。

労働力率は低下中

労働力人口(就業者数+完全失業者数)が15歳以上の人口に占める割合を労働力率といいます。

宮城県の人口自体は増加しているものの、労働力人口は横ばい状態が続いていて、労働力率の低下が顕著です。

また、厚労省が発表した平成27年の「一般職業紹介状況」によると、宮城県の有効求人倍率は1.33で、全国11位と比較的上位につけています。

雇用状況は安定しているので、労働力が不足している今が転職のチャンスといえるでしょう。

参考元:「平成27年国勢調査就業状態等基本集計結果」
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/toukei/kokusei2015-shuugyoukihon.html

仙台市では第三次産業が人気

引用:「平成27年国勢調査就業状態等基本集計結果」
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/toukei/kokusei2015-shuugyoukihon.html

平成27年度の国勢調査によると、宮城県の産業構造は地域によって差があり、農業や漁業などの第一次産業は南三陸町、製造業や建設業などの第二次産業は丸森町、その他の第三次産業は仙台市に多く見られます。

宮城県全域で見ると、卸売・小売業のシェア率が最も高いようです。

しかし、10年前と比較すると減少傾向にあり、反対に医療や福祉関連、建設業の人気が高まりつつあります。

4.福利厚生や企業文化なども重要なポイント

宮城県には売上高が1,000億円を超えている企業が複数存在し、東北地方の中でも特に大企業が多い県であることがわかります。

労働力率は低下しているものの、雇用状況は安定しているので転職先が見つけやすい地域といえるでしょう。

特に、仙台市は企業の絶対数が多いのでおすすめです。

ただし、企業の「売上高」だけで転職先を決めるのはNGです。
福利厚生や働き方、企業文化などをしっかりチェックして決めましょう。

自分に最適な企業を見つけるために、転職エージェントに相談するという方法もあります。

これまで知らなかった優良企業を紹介してもらえることもあるので、まだ相談してないという人は仙台、宮城に特化した転職エージェントに登録してみましょう。

 

【おすすめリンク】



 

※当サイトでは、有価証券報告書、EDINET、厚生労働省などによって開示されたデータを引用し、各種データの更新を行っております。情報の正確さについては、万全を期しておりますが、情報の全てに関して保証するものではありません。また、当サイトの掲載情報に対して発生した不利益や問題について、直接、間接を問わず何ら誰に対しても責任を負うものではなく、またいかなる保証もいたしません。各種引用元データの変更、追加、削除などによる情報の差異につきましても、当社は、一切の責任を負わないものとします。

転職に役立つノウハウ&
お役立ち情報を配信中!

この記事を書いた人

コンサルタント

山上 公平

インターネット求人広告会社で、中途採用支援や医療系の人材紹介事業に従事。人材紹介業の経験を活かし、転職支援会社へ入社する。転職希望者と共に悩み、共に考えるサポートを心がけている。趣味はゴルフと農作業。

転職コンサルタントについて詳しく知る
コメントを見る

おすすめ求人

RECRUIT

コメント

COMMENT

コメントする場合は下記のフォームに必要事項を入力してください。