年代別ノウハウ | 2018.01.11 Thu

仙台のエグゼクティブ・管理職におすすめの転職エージェント

転職エージェントを利用した転職は一般的になりつつありますが、社長クラスや経営幹部といったエグゼクティブ人材(管理職)の転職も同様です。

管理職の転職が昔に比べ活発になった昨今、理想の転職をサポートしてくれるハイクラスに特化した転職エージェントが数多く存在しています。

今回は、後継者や後継幹部といったエグゼクティブや管理職におすすめの転職エージェントを紹介します。

目次

1.なぜ、エグゼクティブ・管理職は転職エージェントを活用すべきなのか

一昔前の終身雇用が当たり前の時代では、管理職以上の転職は多くはありませんでした。
しかし、現在は企業のグローバル化やベンチャー企業の台頭や、後継者不足やM&Aの増加などの要因により管理職の転職も珍しいことではなくなってきています。

限られた時間の中で、効率よく理想の転職を実現するためには転職エージェントの活用がおすすめです。

理由1:エグゼクティブ・管理職向けの転職先は一般的な求人サイトでは探せないから

企業の経営や管理に関わるエグゼクティブ人材の求人は、一般社員を募集する求人と比較して数が圧倒的に少ないです。

また、エグゼクティブ人材や管理職は表立って募集できないことがほとんどため、一般の求人サイトでは探すことができません。

エグゼクティブや管理職専門の転職エージェントを活用すると非公開の求人を含め多数の求人を取り扱っているため、活用した方が圧倒的にチャンスは増えます。

理由2:年齢層が高く年収が高額で転職が難しいから

エグゼクティブ人材や管理職は基本的に年齢層が高く、年収も高額になるため企業は慎重に人選を行います。

難しい交渉や条件調整も絡んでくるため、実績と経験が豊富な転職エージェントの力を借りた方がスムーズに物事が運びます。

理由3:効率よく転職活動を行えるから

転職エージェントを利用することで、求人検索や企業とのやりとりといった、面倒なことを代行してくれるため効率よく転職活動を進められます。

2.エグゼクティブ、管理職が利用すべき転職エージェントは主に3種類

エグゼクティブ人材と管理職の方が利用すべき転職エージェントは大きく分けて3種類あります。
それぞれに特徴がありますので、自分の目的に合ったタイプを選択しましょう。

(1)仙台、宮城で転職するなら地域特化型の転職エージェント

地域特化型転職エージェントとは、各都道府県の地域に密着したエージェントのことです。
地方銀行や地元企業と深い信頼関係を構築している転職エージェントもあるので、条件の良い求人を多く保有しているのが特徴です。

EXCELLETOS(エクセレトス)

エクセレトスは2017年10月に東北実績No1のヒューレックスが開始したエグゼクティブ向け転職支援サービスです。

ヒューレックスは東北6県の金融機関と提携しており、銀行からの紹介求人が多いため、他の転職エージェントにはない優良企業の求人が多いのが特徴です。

後継者や後継幹部ポジションの求人が多いため、「東北にU・Iターンを考えているけどハイクラスの求人が見つけられない」という人にもおすすめです。

 

地域新聞でエクセレトスが取りあげられています。
>>人材紹介「ヒューレックス」後継者支える「番頭」紹介 企業に管理職経験者らマッチング

【公開求人数】非公開
【非公開求人数】非公開

参考:EXCELLETOS(エクセレトス)  https://www.hurex.jp/lp/excelletos/

(2)大量の求人を見て決めたい人は総合転職エージェント

総合転職エージェントは一般的な転職エージェントの形態で、全国に対応した大量の案件を取り扱っているのが特徴です。

専任のコンサルタントが膨大な案件の中から転職者に適した案件を探してくれます。

一度に接触できる求人数が多いため、時間はかかりますが粘り強く精査することで理想の転職に近づくでしょう。

DODAエグゼクティブ

総合人材サービス大手のパーソルキャリアが運営するエグゼクティブに特化した転職エージェントで、年収800万円以上の求人が厳選されているのが特徴です。
一般には公開されていない経営層や管理層、各分野のスペシャリストの求人を多数取り扱っています。

【公開求人数】非公開
【非公開求人数】非公開

参考:DODAエグゼクティブ  https://doda.jp/executive/

JACリクルートメント

日本国内の各拠点に加え、海外8か国に提携グループ会社を持つジェイエイシーリクルートメントが運営する転職エージェントです。
他のエグゼクティブ向け転職エージェントがあまり扱っていないグローバルビジネスのエグゼクティブ求人を取り扱っているのが強み

海外勤務も考慮した転職を希望する方は登録しておきたいエージェントです。

【公開求人数】約2000件
【非公開求人数】非公開

参考:JACリクルートメント  http://www.jac-recruitment.jp/

リクルートエージェント

転職業界最大手のリクルートキャリアが運営する、業界トップクラスの求人数と実績を誇る転職エージェントです。
エグゼクティブ専門の転職エージェントではありませんが、企業・転職者ともに知名度が高く、エグゼクティブ層の求人も多数取り扱っています

【公開求人数】約700件
【非公開求人数】非公開

参考:リクルートエージェント  https://www.r-agent.com/

中長期的に転職を考えているならならヘッドハンティング型転職エージェント(登録型・サーチ型)

・登録型
転職希望者が転職エージェントに会員登録をすると、案件を抱えているヘッドハンター(転職エージェント)からスカウトが送られてくるという形式のサービスです。
受け身のスタイルになりますが、良い案件に出会える可能性が高いため、じっくりと時間をかけて優良求人を求めたい方におすすめです。

ただし、複数社登録したことで「スカウトメールがひっきりなしに届いて大変だった」という声も寄せられているので、1社に絞っても良いかもしれません。

・サーチ型
企業から依頼を受けた専門のエージェントが、独自のパイプやノウハウを駆使して企業のニーズにマッチした人材を発掘してスカウトを行うサービス。
転職希望者以外も対象としているのが特徴です。

転職者は狙って案件を求めることができないというデメリットもあります。

ビズリーチ(ヘッドハンティング型)

ビズリーチは日本初のエグゼクティブに特化した有料求人サイトです。
専門職・管理職のみの求人を取り扱っており、登録会員と企業双方に審査を行うことで質の高いマッチングを行っているのが特徴。

質の高いサービスを受けることができますが、他の転職サービスとは違い有料です。

【公開求人数】約74,000件(非公開求人を含む)
【非公開求人数】非公開

参考:ビズリーチ  https://www.bizreach.jp/

キャリアカーバー(ヘッドハンティング型)

総合人材サービス大手のリクルートキャリアが運営する、エグゼクティブ層に特化したサービスです。

多数の実績を保有する有力なヘッドハンターをサービスの中心に据えることで、応募者と企業双方のニーズを満たした質の高い転職を実現できる点が特徴。

業界トップクラスの求人数と知名度を誇るリクルートキャリアのサービスであるため対応業種も幅広く扱っています。
【公開求人数】約17,000件
【非公開求人数】非公開

参考:キャリアカーバー  https://careercarver.jp/

3.エグゼクティブ、管理職向け転職エージェントを利用するメリット

非公開求人を含め、希望にマッチした求人を探してくれる

一昔前はエグゼクティブ向けの転職エージェントも今ほど盛んではなかったため、コネクション引き抜きなどが一般的なエグゼクティブ層の転職経路でした。
しかし、これらは探すのが容易ではないうえに、絶対数も多くはありません。

エグゼクティブに特化した転職エージェントは、専門的に取り扱っているだけあってハイクラス向けの求人数が豊富なのが特徴です。
エージェントが企業と独自のパイプを構築しているため、紹介できる非公開の求人も豊富なので、選択肢も広がるでしょう。

年収の交渉などを含め、さまざまな手続きを代行してくれる

転職活動には、非常に多くの手続きが存在しています。
年収や配属先の交渉といったデリケートな企業とのやりとりもあります。

以下に必要となる手続きをまとめてみました。

  • 求人探しと応募手続き
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 面接日の調整
  • 年収、配属先、ポジションの交渉
  • 雇用契約書の内容を確認
  • 入社手続き

忙しい管理職の方がこれらすべてを自分でこなすのは不可能に近いでしょう。

転職エージェントを利用すれば、面倒な手続きをほぼすべて代行してくれるため、落ち着いて転職活動に集中できるのも大きなメリットといえます。

自分では気づかなかった点も指摘してくれる

自分一人で転職活動をすると、自身の感覚や思い込みで行動してしまうこともあるため、視野が狭くなりがちです。

多くの転職者をサポートしてきた転職エージェントは経験豊富ですので、自分では気づかなかった適性や魅力を発見してくれるだけではなく、可能性のある求人を紹介してれます。

自分の代わりに企業にPRをしてくれる

転職エージェントは、転職者が内定を勝ち取れるように企業へ上手くアピールしてくれます。

さらに面接後に人事担当者と連絡を取って、転職者の能力や魅力を再度人事担当者にPRしてくれる点もポイントです。

履歴書の添削や面接の対策を行ってくれる

転職エージェントには、過去の転職者が企業に受かったデータや落ちてしまったデータが膨大に蓄積されています。
そのデータをもとに履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を行ってくれるので、企業に合わせて最適な対策を組むことができます。

希望すれば模擬面接まで行ってくれる転職エージェントもあります。
また、企業側の面接担当者の性格や癖、人柄といった情報を教えてもらえることもあるため、一人で対策するよりも圧倒的に良い結果を期待できます。

4.エグゼクティブ向け転職エージェントを利用するデメリット

質の悪いコンサルタントにあたってしまうこともある

転職エージェントは転職者が内定すると、企業から高額の報酬を受け取ることになります。
そのため中にはノルマに追われていたり、売り上げを重視したりするコンサルタントも存在するかもしれません。

希望していない転職先を推し進めてくる場合もあるので、コンサルタントの見極めは慎重に行ないましょう。

有料の転職エージェントもある

転職エージェントは、一般向けエグゼクティブ向けも基本的に無料で利用することができます。
しかし、中には有料でないと利用できないエージェントも存在します。

その分、上質な情報を扱っている可能性もあるので一概に悪いとはいえませんが、まずは無料の転職エージェントを利用してみるのがおすすめです。

マーケットにおいて価値が認められない場合もある

企業が求めているレベルにスキルや能力が達していない場合、希望する企業を紹介してもらえないこともあります。

転職エージェントは、企業側から報酬を貰ってビジネスとして人材を紹介しているため、下手に質の低い合わない人材を紹介してしまうと、企業からの信頼を失ってしまう恐れがあるからです。

5.エグゼクティブ、管理職向け転職エージェントを上手に活用する7つのコツ

転職エージェントを漠然と活用するよりも、コツを押さえておいた方が良い結果が望めます。

さっそく、転職エージェントを活用する7つのコツを見ていきましょう。

(1)エージェントとはなるべく密に連絡を取る

転職エージェントを利用すると決めたら、なるべくこまめに連絡を取っておきましょう。

転職エージェントはデータベースから応募者を探す際に、更新日が新しい順番にチェックするからです。

あまり長期間連絡を取っていないと、データベースに埋もれてしまったり、すでに転職を決めてしまったと判断されたりする可能性が高くなってしまいます。
優先的に良い案件を回してもらうためにも、エージェントとは密に連絡を取りましょう。

(2)担当コンサルタントをしっかり選ぶ

転職エージェントを利用すると、専任のコンサルタントが付いてサポートを行ってくれます。
しかし、プロのコンサルタントとはいえ能力の高い人もいれば低い人もいるため、得手不得手の分野があるのは否めません。
また、人間同士なので相性もある点にも注意が必要です。

「相性が悪い、スキルが足りていない」と感じたときは、思い切って別の担当コンサルタントに変えてもらうことも1つの手。
自分の人生をゆだねるコンサルタントですので、よく吟味してしっかり選ぶことが転職活動を上手に進めるポイントといえます。

(3)推薦文を書いてもらったら必ず確認する

転職エージェントは企業に人材をPRする際に、推薦文を書いてくれます。
しかし、経歴をそのまま書き写すといった、手抜きを行う転職エージェントもあるようです。

仮にそうでなかったとしても、推薦文の内容と履歴書・職務経歴書および、面接の内容が相違しているとあとで困るのは自分です。

推薦文の品質チェックを兼ねて、内容を把握するためにも必ず推薦文を書いてもらったら確認を行いましょう。

(4)企業の実態について自分でも確認する

コンサルタントとの信頼関係は大切ですが、中には売り上げ重視のコンサルタントやあまり優秀でないコンサルタントもいるのが現実です。
対話からだけでは見抜けない、あまり良くない企業も少なからず存在します。

転職後に後悔しないためにも、念のため信用のできる口コミサイトなどを利用して自分でも企業の実態について確認をすることが重要です。
口コミサイトの上手な利用方法はこちらの記事から

コンサルタントに何もかもゆだねるのではなく、上手にお世話になりながら、責任はあくまで自分で持つという姿勢で転職活動を行いましょう。

(5)数社から同じ案件に応募しない

転職エージェントを複数活用して、たくさんの案件を比較検討することは良いことですが、注意も必要です。

同じ案件に複数のエージェントから応募してしまうと、企業から転職エージェントに連絡が行くので、最悪の場合「いい加減な人物」として企業からも転職エージェントからも信用を無くしてしまいます。

同一求人には1つのエージェントから応募するようにしましょう。

(6)エージェントに虚偽の報告をしない

良い転職先を見つけるために、背伸びをして嘘をついてしまう方は少なくありません。
しかし、転職エージェントは転職のプロです。だいたいの嘘は見抜かれてしまうので、余計な小細工をするのはやめましょう。

嘘がばれてしまうとたとえ転職が決まったとしても転職後に信用を損なったり、就業規則に抵触したりして解雇になってしまう可能性もあるので絶対にやめましょう。
転職中に嘘がばれてしまうと、利用している転職エージェントからの信用を失い、エージェントの利用を断られる可能性もあります。

(7)複数のエージェントを利用して比較、検討する

エグゼクティブ向けの求人は絶対数が少ないため、できるだけたくさんのエージェントを利用して選択肢を増やすことが重要です。

また、各エージェントによって得手不得手もありますし、取り扱っている求人も違うので、たくさんのエージェントを比較検討することも良い案件に巡り合えるポイントであるといえます。

ただし、複数の転職エージェントを同時に利用すると、やり取りが多くなるうえに管理も煩雑になります。
「仙台・宮城で転職したいから、地元の転職エージェントを選ぶと」いうように、まずは自身の目的にピンポイントに合った転職エージェントを1社に絞って転職活動を進めるのも1つの方法です。

6.「コネ」や「引き抜き話」がないエグゼクティブ、管理職は転職エージェントを利用するべき

一般の転職と同様、もしくはそれ以上にエグゼクティブ層も転職エージェントを活用した方が良い結果が望めることがわかりました。

メリット・デメリットは当然存在しますが、ポイントを押さえて利用すれば希望の転職にぐっと近づくでしょう。

仙台・宮城でエグゼクティブ向けの求人をお探しなら、地域に特化したエクセレトスがおすすめ。

東北6県の銀行や地元企業と信頼関係を構築しているので、他の転職エージェントにはない求人が豊富です。

キャリアカウンセリングを受けるだけでも今後の転職活動のイメージがつかめるかもしれないので、思い立ったらまずは申し込みをしてみましょう。

無料お申し込みはこちらから

コメントを見る

おすすめ求人

RECRUIT

コメント

COMMENT

コメントする場合は下記のフォームに必要事項を入力してください。