地域の転職情報 | 2018.04.10 Tue

経理・財務職を仙台で探そう!未経験者でも転職できるの?

この記事を書いた人

コンサルタント

須賀川 敏哉

大手証券会社、総合人材サービス会社を経て転職支援会社へ。人材業界で17年以上のキャリアを持つプロフェッショナル。幅広い職種・年齢に対応できるのが強みで、東北で数多くの転職成功実績を築いている。趣味はテニス、ドライブ。

転職コンサルタントについて詳しく知る

仙台・宮城で転職するなら絶対申し込もう!

仙台・宮城での転職をサポート
無料!会員登録はコチラ
「そろそろ転職したい…」という方はまず情報収集から!
転職に役立つノウハウ&最新の求人情報を配信中!

会社内のお金を司る経理・財務職はまさに企業を陰で支える縁の下の力持ちといえるでしょう。

企業のお金を扱う経理・財務職の責任は重大ですが、人気職の1つでもあります。
同職種間の転職が多いイメージのある経理・財務職ですが、未経験者もチャレンジできるのでしょうか。

今回は経理・財務職の仕事内容や魅力、仙台での転職事について紹介します。
経理職への転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

1.経理・財務の仕事内容は?

経理と財務は混同されがちですが、仕事内容は大きく異なります。

それぞれ業種によって微妙に業務内容が違うこともありますが、基本的な業務にはさほど大きな違いはないでしょう。

経理の仕事内容

まずは、経理職の基本的な仕事内容を紹介します。

>>仙台・宮城の経理の求人はこちら

給与計算

給与決算とは、従業員の給与支給額を計算する経理業務です。従業員の勤怠状況や各種手当を確認し、給与総額を計算します。さらに、そこから社会保険料や所得税・住民税などを差し引いて手取り額を求めます。

月次決算

月次決算とは、売り上げと利益、経費などを財務諸表に月単位でまとめ、営業成績や財務状態を明確にする業務です。
月次決算を行うことで、その年の最終的な収支を早い段階で予測することができます。

売掛金の回収と買掛金の支払い

売掛金とは、商品やサービスの未収金のことです。反対に、未払い金を買掛金といいます。
請求書を発行して売掛金を回収したり、買掛金を支払ったりすることは、経理の大切な業務です。

財務の仕事内容

過去や現在の出入金を扱うことが多い経理職に対し、財務職は今後の資産運用など未来のお金を扱う傾向にあります。

>>仙台・宮城の財務の求人はこちら

資金の調達

資金調達は、企業を活性化させるために銀行に融資を依頼したり、自社の資金を運用したりする業務です。
社債の調達や、株式を発行して増資を図ることもあります。

資金の管理

自社の資金状況を管理会計で確認し、資金を管理することも財務の大切な仕事です。
資金調達のために、前もって金融機関に話をつけておくこともあります。

財務計画の立案・実行

金融機関などから調達した資金をどのように使うか、財務計画を立案することも財務の仕事です。
財務的な視点から経営計画を立てることで、営業とは違う側面から会社の利益に貢献できるでしょう。

2.経理・財務の魅力は?

経理と財務の違いを理解したところで、それぞれの仕事の魅力について見ていきましょう

実用的なスキルが身につく

経理・財務職では、経理・会計や経営に関する幅広い知識を身につけられる点が魅力です。そして、経理や財務の基本的な知識は、どの業種・企業でもほとんど変わりません。それだけに、さまざまな業界で役立つスキルを身に着けられるでしょう。

就業形態に自由のきくことが多い

経理・財務職は決算期や繁忙期でない限り、基本的に定時で退社できる可能性が高いです。
定休日にはきちんと休めるので、仕事だけではなくプライベートも大切にしたいという人からは人気があります。

会社の経営を陰で支えられる

会社の経営を陰で支えることに、やりがいを感じられるでしょう。

比較的な地味で作業じみた仕事が目立つ上に、直接会社の売り上げに貢献しているわけでもありません。しかし、お金の流れを管理する経理・財務がいなければ会社を経営することはできないでしょう。

3.経理・財務で感じがちな不満は?

さまざまな魅力がある一方、不満ももちろんあります。経理・財務職で感じがちな不満はどんなことでしょうか。

責任は重大

経理・財務職は企業の大切な資金を管理する仕事なので、責任は重大です。1円のミスもないように管理しなければならず、プレッシャーを感じることもあるでしょう。

人間関係に気を遣うことも

内勤職の経理・財務職は、人との関わり合いが少ないと思われがちですが、実際は経営者や営業担当者、取引先など、社内外問わず人と接する機会が多い職種です。
さまざまな人と、デリケートなお金の話をすることで、ストレスを感じることもあるでしょう。

リフレッシュしにくい

経理・財務職は、基本的に同じ場所で仕事に取り組むので、常に人の目がつきまといます。リフレッシュがほとんどできず、息苦しさを感じることもあるでしょう。

4.経理・財務職の年収事情

経理・財務職の人はどの程度の年収を得ているのでしょうか。

平均年収は約410万円

「マイナビ転職」の調査によると、経理職全体の平均年収は約410万円です。年齢や役職によってばらつきはありますが、年収300万円以上がおよそ8割を占めています。
40代以上の平均年収は500万円以上というデータもあるため、長年勤務すれば年収アップを期待できるでしょう。
これらの内容から、経理・財務職の年収は他の職種に比べて著しく低いわけではありません。しかし、2016年における宮城県の平均年収が455万円であることを考慮すると、高年収とはいいがたいでしょう。

>>仙台、宮城の経理・財務の400万円以上の求人はここでチェック!

出典:「マイナビ転職」https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/income/index

5.未経験者が経理・財務職に転職するには

専門知識が必要な経理・財務職に、未経験者が転職できるのでしょうか。転職事情や成功の秘けつを紹介します。

専門知識を要する経理・財務職では、どうしても即戦力になる経験者が優遇される傾向にあるため、未経験の転職は容易ではありません。経理・財務職は求人の絶対数が少ないというのも理由の1つです。

また、年齢が上がるとさらに選択肢は絞られる上に、見つかったとしても年収が下がる可能性があります。

前職で経理職に活かせそうなスキルを考えよう

経理職未経験者でも、前職で活かせる内容はあります。例えば、元営業職であればコミュニケーションスキル、元事務職で培ったパソコンスキルなどです。

これまでの仕事内容を思い出して、自己アピールできるところはないか考えてみましょう。

資格を取ると有利になることも

未経験者が経理・財務職で即戦力になるためには、関連資格を取得しておくといいでしょう。
転職活動に間に合わない人も、採用担当者に勉強中であることを伝えると好印象につながります。

おすすめの資格①簿記

簿記検定には全商と日商がありますが、日商簿記が一般的です。

初歩的な記帳から商業・工業簿記、経営管理や分析まで出題範囲は多岐にわたります。

4~1級までありますが、現場で役立つ技術を身に着けるためには、2級以上を目指しましょう。

おすすめの資格②FASS検定

「FASS検定(Finance Accounting Skill Standard)」は、経理・財務人材の育成業務に取り組む日本CFO協会によって2005年に誕生しました。

「資金・資産・決算・税務」の4分野にわかれていて、簿記よりも実務的なことを勉強できるため、近年は人気が高まっています。

6.まとめ

同一視されがちな経理と財務ですが、実際の仕事内容にはかなりの違いがあることがわかりました。
これから転職活動を開始する人は、自分がどちらに携わりたいのかを考えて求人を探すことをおすすめします。

資格やスキルをアピールできれば、未経験職からの転職も決して不可能ではありません。
しかし、経験者と比較するとどうしても不利になってしまうので、経理・財務職への転職実績が豊富な転職エージェントに登録してみるといいでしょう。

転職に役立つノウハウ&
お役立ち情報を配信中!

この記事を書いた人

コンサルタント

須賀川 敏哉

大手証券会社、総合人材サービス会社を経て転職支援会社へ。人材業界で17年以上のキャリアを持つプロフェッショナル。幅広い職種・年齢に対応できるのが強みで、東北で数多くの転職成功実績を築いている。趣味はテニス、ドライブ。

転職コンサルタントについて詳しく知る
コメントを見る

おすすめ求人

RECRUIT

コメント

COMMENT

コメントする場合は下記のフォームに必要事項を入力してください。