地域の転職情報 | 2020.09.02 Wed

仙台で転職を目指す女性必見!自分らしく働ける仕事はどこで見つかる?

仙台・宮城で転職するなら絶対申し込もう!

仙台・宮城での転職をサポート
無料!会員登録はコチラ

結婚や出産で働く条件が限られがちな女性は、20代・30代・40代で訪れる人生の転機をきっかけに転職を考える人が少なくありません。また、結婚・出産が理由ではなく、転職をしてキャリアアップを目指したいという上昇志向のある女性も見られます。女性の活躍が推進されている昨今ですが、プライベートと両立しながらいきいきと働ける職場がやはり理想的。今回は東北地方最大の都市・仙台で女性が活躍できそうな企業の求人とリアルな転職事情を紹介します。

1.仙台で女性に人気の企業求人を紹介!

東北圏内最大の都市である仙台市内には、女性が活躍している企業が多く存在します。ここからは女性が応募しやすい、代表的な企業求人を紹介します。

オフィスワークができる企業の求人

一般事務や経理などのオフィスワークは、女性からとりわけ人気が高い職種です。そのため競争率が高くなる傾向にありますが、ここでは狙い目の企業を紹介します。

 

地域密着の不動産企業/未経験歓迎、残業ほぼなし
・業種:不動産業
・仕事内容:営業事務(正社員)
・従業員数:30名以下
・想定年収:~ 280万円

>>求人の詳細をきく

 

宮城本社の地元大手企業/会計士税理士資格歓迎
・業種:メーカー系
・仕事内容:経理・財務(正社員)
・従業員数:約3,300名
・想定年収:500万円 ~ 1,000万円

>>求人の詳細をきく

 

業界No.1自社Webサービス運営企業/転勤なし、残業少なめ
・業種:IT・通信・インターネット系
・仕事内容:人事総務(正社員)
・従業員数:約40名
・想定年収:~ 680万円

>>求人の詳細をきく

 

>>その他おすすめの求人一覧を見る

キャリアアップを狙える企業の求人

女性管理職昇進など、キャリアアップを目的とした転職を考えている方に、女性もチャレンジやすい管理職を募集している企業や、管理職への転向を期待できそうな企業を紹介します。

 

業績拡大中のカスタマーサポート企業/上場企業、転勤なし
・業種:サービス系
・仕事内容:カスタマーサポート スーパーバイザー(正社員)
・従業員数:約150名

>>求人の詳細をきく

 

宮城本社の製造メーカー企業/転勤なし
・業種:メーカー系
・仕事内容:生産管理マネージャー(正社員)
・従業員数:50名
・想定年収:~ 400万円

>>求人の詳細をきく

 

福利厚生充実の人材サービス企業/土日祝休み
・業種:サービス系
・仕事内容:キャリアアドバイザー(正社員)
・従業員数:約1,400名
・想定年収:480万円 ~ 520万円

>>求人の詳細をきく

 

>>その他おすすめの求人一覧を見る

「女性のチカラを活かす企業認証」取得企業の求人

宮城県では、女性が働きやすい職場づくりやワークライフバランスに取り組む企業を応援する「女性のチカラを活かす企業認証制度」を設けています。2020年8月現在、認証を受けている企業は364社。そのなかでも求人を募集している企業を一部紹介します。

 

地域に根差したメディア事業企業/充実の福利厚生
・業種: マスコミ・エンターテイメント系
・仕事内容:企画・プランナー
・従業員数:約130名
・想定年収:~550万

>>求人の詳細をきく

 

地元の測量設計会社/転勤なし
・業種:不動産・建設系
・仕事内容:総務
・従業員数:約50名
・想定年収:~400万

>>求人の詳細をきく

 

業績好調の建設土木・不動産会社企業/年齢関係なく活躍できる
・業種:不動産・建設系
・仕事内容:営業
・従業員数:約400名
・想定年収:~ 650万円

>>求人の詳細をきく

 

>>その他おすすめの求人一覧を見る

2.宮城県の働く女性のリアル

女性の社会進出が目覚ましいと言われる昨今ですが、実際のところ宮城県の女性はどのような働き方を選択しているのでしょうか。宮城県の企業の内容とあわせて紹介します。

女性比率が高いのは医療・飲食・サービス業

画像引用:宮城労働局雇用環境・均等室(P5)

 

平成29年11月に宮城労働局雇用環境・均等室がまとめた調査を見ると、医療・福祉や飲食・宿泊業は全国的に見ても女性比率が高く、過半数以上を占めていることがわかります。宮城県に注目してみると、金融・保険、またサービス業は全国平均よりも女性比率が高いので、そのような業種で転職を考えている人は求人を見つけやすいかもしれません。

 

画像引用:宮城労働局 一般職業紹介状況 記者発表(P9)

宮城県の一般職業紹介状況を見ると、飲食・宿泊業やサービス業よりも金融・保険業界は正社員の求人比率が高いため、正規雇用を目指す人にも狙い目と言えそうです。

女性管理職の割合は全国平均よりやや高め

画像引用:宮城労働局雇用環境・均等室(P8)

日本企業における女性管理職の比率は決して高くはありません。平成27年の最新調査でも、全国平均は16.0%。宮城県は16.2%とわずかながらも平均を上回っているうえに絶対数が伸びているため、今後キャリアアップを目指す女性は期待が持てます。

育児休暇取得率は驚異の90%超え

画像引用:宮城労働局雇用環境・均等室(P9)

宮城県の育児休業取得率は男女ともに非常に高く、特に女性は全国平均を10%以上を上回っています。平成25年は全国平均を下回っていたことを考えると、大きく改善していると言えます。男性の育休取得率が平成28年だけ下落しているのが気になりますが、これまで比較的高い水準を保ってきているので、今後に期待したいところです。

3.日本で働く女性のリアルな転職事情

日本の女性は男性と比較すると、結婚や出産などのライフスタイルの変化に合わせて働き方を考え直す人が目立ちます。実際のところ、女性はいつどのようなタイミングで転職を考えて、活動し始めるのでしょうか。

20代で転職を考え始める女性が圧倒的に多い

画像引用:doda「ホンネの転職白書」

転職サイトのdodaが行った調査からは、転職を考える女性のほとんどが20代から考え始めていることがわかりました。

 

しかし、20代から30代にかけては転職を考える女性の数は徐々に減っていき、30代以降は5%以下にまで落ち込みます。男性も20代で転職を考え始める人が多いようですが女性よりは少なく、30代以降は女性の転職希望者数を大きく逆転します。40代に入るとまた増加傾向になり、女性ほど年齢に縛られていないと言えそうです。

 

2015年の厚生労働省統計情報部「人口動態統計」によると、女性の平均初婚年齢は29.4歳。20代に人生の転機を迎えることを視野に入れ、より働きやすい職場へと転職を考える女性が多いのかもしれません。

意外?転職理由は「人間関係」と「待遇」の2トップ

参考:厚生労働省「平成29年雇用動向調査結果の概況」(P16)

厚生労働省が行った「平成29年雇用動向調査結果の概況」では、退職経験のある男女を対象に理由を聞いています。

 

この調査によると定年や契約の満了を除くと、女性の退職理由は「労働時間・休日等の労働条件が悪かった」がトップで、14.7%が理由に挙げています。続いて「職場の人間関係が好ましくなかった」が13.0%、「給料等収入が少なかった」が10.5%で、「結婚」は2.6%、「出産・育児」となるとわずか1.8%です。

 

ライフスタイルの変化を考えて転職を考える人もいるかもしれませんが、その際には産休・育休の取りやすさだけではなく、職場の環境や雇用条件もきちんと確認したうえで決めましょう。たとえ結婚・出産後に働ける体制であっても、人間関係や条件が良くなければ、また転職したくなってしまうかもしれません。

男性よりも結婚・出産で働き方を見直す女性は多い

参考:厚生労働省「平成29年雇用動向調査結果の概況」(P16)

いくら共働きが当たり前になってきたと言っても、結婚や出産を理由に退職する女性は、男性に比べるとやはり多いようです。結婚相手の意向や妊娠中の体調の変化で、退職せざるを得なくなった女性も存在します。

出産後も仕事を続ける正社員女性は約7割

画像引用:内閣府男女共同参画局 「第1子出産前後の女性の継続就業率」(P2)

平成30年11月に内閣府男女共同参画局が行った「第1子出産前後の女性の継続就業率」及び出産・育児と女性の就業状況についての調査からは、女性の出産と就業事情が見えてきます。

 

最新の調査では出産後の就業継続率は53.1%で上昇を続けていますが、一方で出産を機に退職する女性は46.9%と少なくありません。

 

画像引用:内閣府男女共同参画局 「第1子出産前後の女性の継続就業率」(P4)

しかし、就業形態別に見ると正規女性職員の継続率は69.1%と非常に高く、育休を利用しながら家庭と仕事のバランスを取ろうとしている女性が多いことがわかります。

 

一方、パートやアルバイトなどの非正規雇用者の就業継続率は25.2%と低く、出産を機に退職をする女性が多いようです。産休や育休がない非正規女性労働者は、出産してから働き続けることを難しいと感じるのかもしれません。

 

正規雇用者と非正規雇用者の継続率の差は40%以上あるため、出産してからも仕事を続けたいと考えている女性は正社員を目指すことをおすすめします。

4.仙台で転職の成功を目指すためには

今の時代決して転職は珍しいことではありません。プライベートを大切にしつつ、仕事も頑張りたい方は女性にやさしい環境が整った職場で、正社員を目指すことをおすすめします。この章では女性が転職を成功させるために知っておきたい有益な情報を紹介します。

女性に特化した転職サイトで情報収集をする

インターネットで転職サイトを検索してみると、「女の転職type」「マイナビ転職女性のおしごと」「エン転職WOMAN」など女性に特化した転職サイトが複数点在していることがわかります。このようなサイトは、「フレックス制度がある」「育休が取りやすい」など女性向けの企業を中心に紹介しているのが特徴です。

 

そのため魅力的な求人を見つけやすいと感じますが、応募から書類作成、面接対策まで全て自分一人で進めなければなりません。また、女性の場合は特に「出産後に時短勤務ができるか」「女性が活躍できる環境か」「そもそも育休は取れるか」など、求人情報には記載されていない情報を気にする傾向にあります。

 

こういった情報は選考過程ではなかなか人事担当者に聞きづらいものですが、転職エージェントのコンサルタントを通してであれば聞きやすくなります。この点は転職エージェントの大きな魅力です。

マザーズハローワークを利用してみる

仙台市青葉区には行政機関のマザーズハローワークがあり、出産や育児で就業にブランクがあるお母さんに対して就職サポートを行っています。育児中の働き方の相談もできますので、社会復帰するか否かで迷っている女性は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 ただし、求人の数は限られるため、もう少し視野を広げてみたいという方は転職エージェントとの併用がおすすめです。

参考:マザーズハローワーク青葉

仙台に特化した転職エージェントを利用する

東北圏最大の都市である仙台は求人も充実していますが、それゆえに応募先を決めにくいというデメリットがあることも事実です。女性が働きやすい職場といっても実際に働いてみないと分からないところも多いので、一人で転職活動を進めるのはなかなか困難と言えます。

 

仙台で転職活動を成功させたいと考えている女性におすすめなのが、地元に特化した転職エージェントの利用です。仙台の優良企業の情報を熟知した転職エージェントであれば、女性に評判の良い、または実際に女性が活躍している企業の求人を紹介してもらえる可能性大です。

 

東北地方の求人に特化しているヒューレックスでは、女性におすすめできる求人もたくさん紹介しています。経験豊富な転職コンサルタントがサポートすることで、転職が初めての方や就業中の方でも転職活動をスムーズに進められます。

 

結婚予定や育児中など、現在の状況に合わせて、応募企業に勤務時間や制度などの待遇面の確認や調整を相談できますので、まずはぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

5.仙台で女性がいきいき働ける転職先は見つかる

女性の社会進出は著しく進んでいて、仙台だけで見ても活躍ぶりがよくわかります。かつては年齢や子どもがいることを理由に正社員を諦めざるを得ない人もたくさんいました。しかし、今の時代であればさまざまなサポートや制度を利用しながら理想的な職場への転職を叶えられますので、この機会にぜひ一度働き方を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

ただし、男女問わず年齢を重ねると転職活動が厳しくなることもまた事実です。年齢などのハンデを気にしている方は、ぜひ転職エージェントにご相談ください。

 

経験豊富な転職コンサルタントがお一人おひとりのご事情を理解したうえで、最適な求人をご紹介いたします。

【宮城・仙台版】UIJターン転職成功ガイド ダウンロード

コメントを見る

おすすめ求人

RECRUIT

コメント

COMMENT

コメントする場合は下記のフォームに必要事項を入力してください。