地域の暮らし | 2021.08.30 Mon

宮城県大崎市で暮らしたい人必見!移住がおすすめな5つの理由

仙台・宮城で転職するなら絶対申し込もう!

仙台・宮城での転職をサポート
無料!会員登録はコチラ

ここ数年で日本でもリモートワークやテレワークが浸透し、働き方がガラリと変わったことで地元へのU・J・Iターンや都心を離れ地方で暮らす方が増えています。

とくに今注目を浴びているのが宮城県大崎市。

仙台市までは新幹線で15分と手軽に遊びにいける距離にあり、隣の山形県とも隣接しているためちょっとした遠出もできる地域です。また、温泉地として有名な鳴子温泉郷も魅力的。

宮城県大崎市では就職支援や起業支援などをはじめとした、移住者向けの支援制度が多岐に渡りU・J・Iターンはもちろん、都心から離れた場所へ移住したいと考えている方にまさにぴったりな街なのです。

今回は、宮城県大崎市への移住をおすすめする5つの理由をご紹介いたします。

1. 宮城県大崎市の物価は安い?移住支援制度はある?

生活していくうえで真っ先に考えるべきがお金の問題です。

せっかく憧れの地へ移住ができたとしても、収入と支出のバランスが取れていないと安定した生活を送ることができません。

たとえば東京都内から宮城県大崎市へ移住を決めて転職した場合、もしかすると収入が減ってしまう可能性もあります。これまでの金銭感覚で生活すると、思いがけずお金に困ることも。

そこで必ず確認しておきたいのが、移住した先の物価です。その街の物価を調べる方法としておすすめなのが、家賃平均を把握すること。

東京23区と宮城県内5つの市の家賃平均をまとめました。

市区町村 家賃平均
東京23区 約12万円
仙台市 約5.5万円
大崎市 約4.6万円
名取市 約5.5万円
白石市 約4.6万円
石巻市 約5万円

宮城県大崎市はおよそ4.6万円と宮城県内周辺の市と比べて安い傾向にあることがわかります。もちろん築年数や駅までの距離、間取りなどによって変わりますが家賃平均を把握することでその街のおおよその物価を知ることができます。宮城県大崎市は東京23区と比べると半分以下、仙台市の家賃平均と比べてもおよそ1万円も低く物価的にみても大幅に安いことが分かります。

大崎市の充実した移住支援制度

宮城県大崎市への移住がおすすめな理由として、その充実した移住支援制度が挙げられます。

一番に目を通して欲しいのが「移住支援金制度」です。この制度は一定の要件を満たす場合、世帯移住で”100万円”、単身移住で”60万円”の支給を受けられるというもの。

対象者の条件は以下のとおりです。
「東京23区に在住していた方」
「東京圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)在住で23区内へ通勤・通学していた方」

おおまかではありますが、上記のように東京都内や東京圏からの移住者を対象としています。その他細かな条件等もありますが、東京圏から宮城県内への移住を検討されている方は、ぜひ移住支援制度を確認しておきましょう。

住宅・家賃関連の支援制度

宮城県大崎市で取り組んでいる移住支援はほかにもあります。なかでも住宅に関連する支援はずば抜けて充実しているのが特徴。

支援内容
空き家情報 空き家の情報をWebサイトで紹介
参考:「大崎市 空き家情報
住宅取得支援 市内へ移住する40歳以下の若者世代が、住宅を新築または購入し、移住する場合、対象費用のうち住宅ローンの借入金を充当する額の10%(上限100万円)を補助(各種加算あり)
リフォーム支援 ・ 市内に移住する40歳以下の若者世帯が、購入した住宅をリフォームして移住する場合、リフォーム工事費の1/3(上限50万円)を補助(マンションは上限40万円・各種加算あり)
・ 市内に住宅を所有している世帯が、市内へ移住する40歳以下の若者世代と3世代で同居するためのリフォーム工事費の1/3(上限75万円)を補助(各種加算あり)
家賃補助 市外に居住している若者世帯が、市内に在る一戸建ての空き家に賃貸契約をして移住する場合、所有者に対し、家賃の一部(上限月額4万円)を補助

住宅の購入や新築を対象にした支援はよく目にしますが、賃貸契約でも補助金が出るのはとても大きな魅力です。

駅近のマンションなども良いですが、この制度を利用して戸建てに住むのもおすすめです。

就職・起業関連の支援制度

宮城県大崎市では職に関する支援も多数あります。

支援内容
起業支援 おおさきチャレンジ創業応援補助金が該当。
市内で創業される方へ,店舗改修費,備品購入費などの経費の一部の補助(上限100万円)
就職支援 大崎エリアを中心とした企業情報を紹介
参考: 「みやぎ大崎企業ナビ
就農支援 認定新規就農者が農産加工施設や農家レストランの整備を実施する際に、補助対象事業経費の1/2を補助(上限 : 加工施設150万円、農家レストラン500万円)

移住を考えている方にとって、もっとも心配している問題が職に関するもの。就職や転職だけでなく、起業を考えている方も各制度をうまく活用して不安を取り除いていきましょう。

2. 移住前に要確認!宮城県大崎市の交通事情は?

移住先の物価や各支援を確認した後は、実際に移住して生活したときのことを考えてみましょう。

日々の生活の中で欠かせないのが「移動手段」です。

東京都内をはじめとした都心部に住んでいると、公共交通機関が発達しているため移動に困ることはありません。しかしながら同じ感覚で地方へ移住すると、移住先で苦労すること間違いなし。

JRや私鉄はどうか、乗り換え事情やマイカー所持は可能か、移住前に確認しておくことで引っ越し後スムーズに日々の生活をおくることができます。

大崎市の主な交通機関と仙台市までの距離感

仙台市までは東北新幹線を利用すると約15分ほど(JR仙台駅~古川駅)。JRであれば乗り継ぎで約1時間ほど(JR仙台駅~小牛田駅~古川駅)の距離です。

高速バス・車であれば、東北自動車道利用でそれぞれ約1時間ほど。

仙台まで出かける場合は、新幹線を利用するのがスムーズで時間もかかりません。

宮城県大崎市内の交通事情

  • 電車:東北本線(4駅)陸羽東線(13駅)が通っている
  • バス:JR古川駅起点として、路線バス7路線、事業者路線1路線、古川地域中心部の循環便3路線、路線バス及び事業者路線は距離制運賃、循環便は1回100円

宮城県大崎市は、県北部の中では人口も多く栄えています。周辺地域と比べると、駅も多く新幹線も止まるため不自由はしません。

通勤が発生する職に就く場合は、駅近で家を探すのがベスト。

ちなみに、宮城県大崎市の月極駐車場の平均賃料はおよそ5,500円ほど。家計を圧迫するほどではないため、移住を機に憧れのマイカーも持ちやすいです。

3. 移住の最大の壁!宮城県大崎市は雪が積もる?

大崎市のある宮城県は東北地方に分類されます。東北地方といえば、雪が多く強い寒さがつらい印象。

宮城県大崎市の雪・寒さ事情について調べてみました。

気象庁の過去データをもとにした平均値を見てみると以下のとおり。

平均気温 最深積雪
1月 0.0℃ 21cm
2月 0.6℃ 17cm
3月 3.8℃ 9cm
4月 9.4℃ 1cm
5月 15.1℃ 0cm
6月 19.0℃ 0cm
7月 22.5℃ 0cm
8月 23.7℃ 0cm
9月 20.0℃ 0cm
10月 13.9℃ 0cm
11月 7.6℃ 1cm
12月 2.4℃ 15cm

参照:気象庁(平年値)・古川

12月〜3月頃までが雪シーズンであることが分かります。車を運転する方は、冬タイヤへの履き替えがマスト。

思ったほど積雪は厳しくありませんが、路面凍結には気をつけたいところです。

4. 移住時の盲点!宮城県大崎市の子育て支援や学校数は?

家族で移住をする場合、子育てに関する支援や教育環境が気になるところです。また、今現在は子なしでも今後出産を予定している方も必見です。

2021年6月10日時点、宮城県大崎市内の小学校数は“22校”、中学校数は“11校”となっています。

認定こども園においては、2021年2月26日時点で“5園”。(認定こども園とは、同じ施設内にて保育所と幼稚園を運営している施設のこと)

大崎市の公式ホームページ」には、各幼稚園・保育園の空き状況をまとめた資料も公開されているので、ぜひご覧ください。

教育・子育て関連の支援

ここからは宮城県大崎市が用意している「教育・子育て」関連の各支援をご紹介いたします。

支援内容
医療費助成 中学生まで、入院・通院にかかる保険診療自己負担額を助成。(*ただし、所得制限あり)
出産支援 出産前後に、日中家族からの支援が受けられず、育児等が困難な家庭を対象に、育児不安の軽減等を図り安心して子どもを産み育てられるよう支援するため、育児や家事の援助を行うヘルパーを派遣
子育て支援 子育てわくわくランドでは、乳幼児の託児や、親子で一緒に遊べるスペース、子育て情報の提供、子育て相談などを通じ、親子の交流や子育てを支援
就学支援 ・経済的理由によって就学困難な児童・生徒の保護者に対して、学用品費、修学旅行費、学校給食費等の一部を助成
・奨学資金貸与事業を実施

どれも子育てをしていくうえで助かる支援ばかりです。とくに医療費助成は、免疫力が低く風邪をひきやすい子供にとって魅力的ではないでしょうか?

出産前後からワンオペ育児となりやすい方や懸念している方も、出産支援にある“ヘルパー派遣”でわずかばかりでも負担を軽減できます。

5. 移住には転職必須!宮城県大崎市の盛んな産業とは?

宮城県大崎市の業種別事業所一覧を見ると「卸売業・小売業」が圧倒的に多いことがわかりました。次いで、「宿泊業・飲食サービス業」が多くあります。

しかし、従業者数(働く人の数)においては「製造業」が最も多く、その次に「卸売業・小売業」、そして「医療・福祉」となっていました。

▶︎宮城、大崎市の求人をチェック!

「移住支援金」対象の求人も選択肢の一つ

求人の中には、記事の最初にお話しした「移住支援金」の対象となるものもあります。

対象求人を調べてみたところ、宮城県大崎市では看護師や介護職員をはじめとした医療・福祉系が多く、作業療法士や理学療法士の求人もありました。また、木こりや大工の土木・林業系、測量・設計・施工管理などの土木全般、物流関連、生産設備の整備・設計、ソフトウェア開発など多岐に渡って募集が行われていました。

宮城県大崎市への移住をきっかけにまったく新しい職へのチャレンジはもちろん、これまでのスキルや経験をもとにキャリアアップ転職も行いやすい環境です。

参考:宮城移住ガイド – 求人情報

6. 移住前に、まずは転職活動

今回は宮城県大崎市への移住がおすすめな理由を5つをご紹介いたしました。

宮城県大崎市でのお金の話や交通事情、気候、子育てやお仕事など、どれも移住に欠かせないポイントばかりです。とくに要となる「仕事」は、移住前に決めておきたいところ。ですが見ず知らずの土地での職探しは、どこから手を付けるべきか悩んでしまいます。

そういった方におすすめなのが地域に特化した「転職エージェント」。自力での職探しは時間も労力もかかりますが、転職エージェントなら希望を伝えることで担当者がおすすめの求人をピックアップしてくれます。

数多ある転職エージェントの中でも、宮城県仙台市に本社を構える「ヒューレックス」は、仙台市だけでなく大崎市への移住を考えている方にもおすすめです。

宮城県大崎市はもちろん、宮城全体の転職サポートを行ってくれる心強さ。非公開求人も多く、希望や適正にそった企業を紹介してくれます。

きっとあなたにぴったりな求人が見つかるはず。まずは無料登録で相談だけでもしてみてください。

コメントを見る

おすすめ求人

RECRUIT

コメント

COMMENT

コメントする場合は下記のフォームに必要事項を入力してください。